パパの家計管理

我が家の家計管理はパパが担当

口座種別 「普通」と「当座」って何が違うの?

こんにちは、テケです。


前回、「預金」という言葉について説明しました。


口座の引き落としなどを申請するときに、口座種別を選ぶことがあると思いますが、
「普通」と「当座」で悩んだことがある人もいるのではないでしょうか?


一般的には「普通」を選んでいる人がほとんどだと思いますが、
「当座」とはそもそも何なのかご存知ですか?


口座種別の「普通」とは「普通預金」のこと、「当座」とは「当座預金」のことを指します。


今回は「普通預金」と「当座預金」がどういうものか調べてみました。


普通預金とは


普通預金」とは、一般的に多くの人が使っている口座だと思います。


自由にお金を出し入れできて、給与振り込みや毎月の引き落としなどを設定することができます。


また、預金に利息がつくことも特徴です。

もしも、銀行が破綻した場合には、ペイオフ制度によって1000万までは保証されますが、それ以上は保証されないので注意が必要です。


当座預金とは


当座預金」には、あまり馴染みがないですよね


こちらは、主に企業や個人事業主が手形や小切手の支払に使われる決済用の口座になります。


また、普通預金と異なる点がいくつかあります。

  • 預金に利子がつかない(無利子)

  • 残高は通帳による確認ができず、当座勘定照合表によって確認する

  • 口座開設には審査が必要

  • 銀行が破綻した場合でも預金は全額保証される



以上のような違いがあります。




普段あまり気に留めない「当座預金」ですが、どのようなものか知っていれば引き落としの申請などで悩むことはなくなると思います。