パパの家計管理

我が家の家計管理はパパが担当

【家計管理】保険の見直しをやってみました

f:id:teke560:20180819002938j:plain

こんばんは、テケです。


わが家の今の課題は「家計のムダ」をなくすこと。
今回、毎月支払っている保険料について見直しをしてみました。


保険料の見直しについて考えている方は、参考になれば幸いです。


保険料を見直しが必要な理由


なぜ毎月の保険料を見直す必要があるのでしょうか?


保険は「不幸の宝くじ」と言われます。


これは、ケガや病気、死亡など「不幸」が起こってしまったときに保険金が支払われるという仕組みによるものです。


もしも生涯健康で一生を終えた場合、あなたは高額の保険料を支払っただけになってしまいます。


しかし、一度でも大きなケガや病気をしてしまった場合、保険金が支払われ治療費などが補償されます。


「私は保険に入らず貯金してるから大丈夫」なんて方もいるかもしれませんが、場合によっては貯金ではまかなうことができない高額な医療費がかかる場合もあります。


つまり、起こるか分からない「不幸」のための備えが保険に入るということであり、ムダな保険料を払い続けることなく必要な補償を見極めて加入する必要あるのです。


また、加入する保険は年齢や家族構成によっても見直していくべきだと、ぼくは思っています。


わが家の保険料について


わが家の月額の保険料は以下のようになっています。

ぼくの保険料

  1. 生命保険 8,258円
  2. 医療保険 3,316円
  3. がん保険 1,505円
  4. 傷害保疾病険 2,470円

計:15,549円

奥さんの保険料

  1. 医療保険 4,267円
  2. がん保険 2,831円
  3. 傷害疾病保険 2,870円

計:9,968円

息子くんの保険料

  1. がん保険 969円

計:969円


合計の保険料


ぼく + 奥さん + 息子くん = 26,486円!!


結構な金額になっていますね・・・


この他にも、自動車保険地震火災保険、学資保険にも加入しています。


理想の保険料は家計の何割程度?


さて、家計を占める保険料の割合は何割程度が理想なのでしょうか?

f:id:teke560:20180818233733j:plain 出典:家計費の理想割合とは?費目毎に節約してお金を貯める貯金術 - ハピスマ | アクサダイレクト生命保険


わが家の家族構成では図のような割合が理想になるようです。
理想の家計割合については家族構成によって大きく異なるため上記リンク先で参考にしてみてください。


わが家の手取り収入はぼくと奥さんで月35~40万ほどなので、理想の保険料は21,000~2,5000円ほどになるので、少しオーバーしています。


また、その他にも加入している保険を考慮すると、だいぶ家計を圧迫していることが分かります。


これは早急に保険料の見直しをする必要があるようです・・・

どう保険を見直すか


まず加入している保険と補償内容などをエクセルにまとめて比較してみました。


保険の内容を横並びにして見ることで、比較しやすくなるのでこのやり方は結構オススメです。


その中で「これは補償内容がダブってるからいらないかな」、「こんなに保険金出なくても大丈夫かな」というのを厳選して、一部の保険を解約することにしました。


今回解約することにした保険


  1. 医療保険 3,316円(ぼく)
  2. 医療保険 4,267円(奥さん)

計:7,583円

これで年間90,996円の節約になりました!

まとめ


今回保険料の見直しで月7,583円の節約に成功しました。


節約をするには、まず固定費の見直しから始めたほうが簡単で大きな効果を得ることができます。


あなたも加入している保険を比較してみて見直しをしてみてはいかがでしょうか?


意外と大きな節約ができるかもしれませんよ!